【受講生の声:松原葉子(YOKO.T)様】頑張らなくても結果が出る養成講座で400名以上の人気インストラクターを輩出!!

  • 女性起業家
  • 健康
  • コーチング

動画で見たい方はこちら
 

 自分が綺麗になってお客様にも結果を出すインストラクター養成講座

今回は、インストラクター業界で非常に高単価で活躍するインストラクターを育成している松原葉子さん、通称YOKO.Tさんにお話を伺いました。

インストラクターやセラピスト、コーチなど、人に関わってその人の人生を変えていくようなお仕事をされている方にとって必見の内容になっています。

「本当はこのやり方ではうまくいかないんだけどな」とか、「自分も人に言えない深い闇があるんだけどな」といった苦しい状態から、本当にオープンに自然体で自分が楽しみながらお金や時間から自由になっていくためのビジネス構築のヒントが見つかると思いますよ。

​​

頑張れば頑張るほど苦しくなる一方…

「インストラクターの仕事をやってきて20年ぐらい経つんですけど、その時代その時代に流行っているいろんなトレーニングもエクササイズをやってきたし資格も取ってきて、それでとにかく自分が綺麗になりたいとか、自分の腰痛をどうにかしたいとか、健康を保ちたいと思ってやってきたんですけど、思うように自分自身に結果が出せなかったんです」

「頑張ったら一時的には結果は出るんだけど、やめたらすぐに元に戻るっていうことの繰り返しで、どうやったら自分の体が変わるのかなとか、どうやったら自分が自信を持ってお客様に満足してもらえるサービスを提供できるのかなっていうことで悩んでいました」

「そこで試行錯誤しながらオリジナルのメソッドを作り上げていく中で、自分自身が本当に変わって、体の不調とか長年悩んできた腰痛とかがなくなってきたんです」

「そのことをきっかけに、インストラクターやトレーナーさんだったりとか、そこで学んでいるお客様など、以前の私と同じように悩んでる人にとにかくこのメソッドを知ってほしいと思ってスクールを立ち上げました」

以前のYOKO.Tさんは、自分自身がインストラクターであるにもかかわらず、自分が結果が出せないことに苦しんでいました。

そして、そんな自分を変えるためにそれまでにも輪をかけてトレーニングをするなど自分に無理を強いるようになったのですが、そのことが結果としてお客様にも無理を強いることになってしまったと言います。

お客様に言ったことが自分に返ってくる

「運動すれば健康になる。全ては運動不足が原因だというのが世の中的には当たり前だと思うんです」

「私もそう思ってたし、お客さんにもそういうふうに伝えながらやってきてたんですけど、私自身はずっと腰痛に悩まされていました」

「お客様に『頑張りましょうね』『サボらないでくださいね』『お家でもやってください』『食べ過ぎないでね』とか強要しちゃうんですね」

「でも、お客様もトレーニング休むとお腹がぽっこり出ちゃったりとか体重が増えたりするから、『だからサボったらダメなんですよ』みたいなことを言うんですけど、言った分が自分に返ってくることになるんですね」

「そういうのが苦しくて、同じ仕事してる他の人たちは本当にどうなんだろうとか思ってましたね」

自分もお客様も結果が出せない。実は、そんな悩みを抱えているのはYOKO.Tさんだけではありませんでした。

他のインストラクターも同じような悩みを抱えていたものの、口には出せない「業界のタブー」がそこにはあったと言います。

お客様には言えない「業界のタブー」

「こんなにいいと思って運動やヨガをやってるのに、もちろん体が少し太りにくくなったとか体が柔かくなったっていうのはあるんですけど、長年悩んでる腰痛が治らなかったりとか、お腹を凹めたら腰の痛みの負荷は取れるんですけど、じゃあふとした時にぎっくり腰にならないかって言ったらなるんですよね」

「いいと思ってることを提供してるのに自分がそれで納得できない。だけど、それを仕事にしているし、その答えが欲しいからいろいろ資格も取るけど答えがなくて、どうしたらいいんだろうって悩んでました」

「その時の気持ちは同じように思ってる共感者が欲しいと思っていて、他のインストラクターに共感してもらえてるっていうのが嬉しくてやってきました」

「お客様にそれを提供してることもあって、私もぎっくり腰になってもやっぱりそれを口に出したことはなかったし、生徒さんからも健康そう元気そうというイメージに思われてるので体調崩してもやっぱり言いづらかったし、、、まあそういう風に自分でしてましたね」 

多くのインストラクターが共通の悩みを抱えていたものの、少ないながらも本当に健康で綺麗なインストラクターがいることにYOKO.Tさんは気づきます。

「彼女たちと自分は何が違うんだろう?」その答えがどうしても知りたくなったYOKO.Tさんは試行錯誤を続けます。

そして辿り着いたのが、骨格から変えることで頑張らなくても結果が出る独自のメソッドでした。

頑張らなくても結果が出るメソッドを開発

「そもそも骨格が違うから同じ努力をしてもそこには行かないよねっていうことがやっとわかって、それで自分の独自のメソッドを作って、まず自分が変わっていったんです」

「私は10代から1日1時間か2時間は運動することが当たり前のような生活をしてきたんですけど、今はそういう時間も全部やめました」

「食事も加工食品であろうと添加物いっぱいであろうと食べるけど、今の自分が人生の中で一番リラックスできてるし、健康だし、一番綺麗な体になってるなとという実感があるんですね」

「それがやっぱり自信になるし、それがスクールをやりたいって思う気持ちになってる感じですね」

「スクールでは心のこととか生活のこととか食事のこととかは一切言わなくて、ただ骨格から体を変えるっていうことを提供するだけなんですけど、お客様からは『心がすごく楽になりました』とか『子育てが変わりました』とか『自分のやりたいことに目を向けられるようになりました』とか『好きな食事ができるようになりました』というお声をいただいてて、それが私もすごく嬉しいです 」

スクールを立ち上げたことで多くのインストラクターにも感謝されるようになったYOKO.Tさん。

でも、もちろん、独自のメソッドがあるからといって、それだけでスクールビジネスが成功する訳ではありません。

YOKO.Tさんは、どのように今の『モーション美ボディマスターコース』を立ち上げたのでしょうか?

頑張っても持続的に幸せになれなかったら
今いる場所に答えはない

「大きく動いたわけではないんですけど、自分がいる業界から離れないといけないなって思ったので、行ったことのないセミナーに行ったり、出会ったことない人に出会うような環境にどんどん変えていったっていう感じですね」

「今の自分が持続的にハッピーになれないしうまくいかないと思ったら、今いる場所で学んでも答えは出てこないなって思ったんです」

「環境を変えるって本当に大変で、ヨガでも同じ流派だったり同じ先生に長く学んだりすると、そこから環境を変えたりするのってある意味震えるというか恐怖なんですけど、やっぱりそこを出たことで今のビジネスパートナーと出会えたし、スクールを立ち上げていこうってなった時にも仕組み化をした方がいいという流れにもなったんですよね」

「今までも、ブログを書いたりインスタしたりYouTubeしたりというのはやってたし、とにかく伝えたい気持ちだけはあって、毎日のように投稿したりしてたんですけど、仕組み化することでもっと出会ったことない人とかたくさんの人に広げることができるんだよって教えてもらって、そこから正弥さんに出会うことができたっていう感じです」

一般的なヨガインストラクターの報酬はとても安く、1日に5回も6回もレッスンをしたり、複数のスタジオを掛け持ちしないと稼げないのが普通です。

ところが、YOKO.Tさんの主宰する『モーション美ボディマスターコース』では、高単価でも予約が絶えないインストラクターを次々に輩出しています。

なぜ、そんなことが可能なのか?教育の仕組み化の秘訣をお聞きしました。

自分の変化を実感できるからこそ、それを他の人にも伝えたくなる

「スクールで学べる学習の方法としては、基礎となる理論や理屈、セルフケア的なこともオンラインで提供して、あとは対面でしっかりとリアルの施術を学んでもらって、半年間で自分の身体でしっかり結果を出してもらうという仕組みにしています」

「それが結局その人の成功体験にもなるし、感情がやっぱり動くんですよね、女性って。変わらないと思ってたのが変わる、こんなに楽して変わるってわかると、やっぱりそれを伝えたいっていう気持ちにもなるし、その経験を500円とか1000円とかじゃなくてちゃんと価値をつけて提供したいって思えるようになるっていうのが一つの流れになっています」

「スクールでも専門の先生にも入ってもらってマーケティングのことも学べるんですけど、やっぱり自分の体が変わってない、自信もないのにマーケティングを学んでこのメソッドを 伝えようと思っても女の人ってなかなか楽しくないし続かないと思うんですよね」

「なので、そういう伝える力を学ぶにあたっても自分が伝えたいって心が ちゃんと動いてる状態にするっていうのがポイントかなって私はいつも思ってます」

伸びるビジネスの共通点として「業界の常識を覆す」というものがあります。

インストラクター業界の場合、低単価だったり実はやればやるほど自分がぎっくり腰になったり不定愁訴が出たりなど、人に言えない闇のようなものを抱えながら働くことがある種の業界の常識でした。

YOKO.Tさんはこの常識を覆し、やればやるほど自分が綺麗になったり、頑張らなくても身体は変わるというコンセプトが見つかったことでビジネスが成長し、持続的に幸せを感じられる人生へと変化していきました。 

一般的にも、お金をもっと稼がなきゃと思うあまり逆にお金から縁遠くなってしまったり、もっと綺麗になりたいと強く思えば思うほど綺麗から遠ざかってしまったりと、逆のパターンに陥る場合が少なくありません。

このことについて、YOKO.Tさんはどう考えているのでしょう?

自分の提供する価値に見合ったものが返ってこないと
どんなこともしんどくなる

「このスクールはまずまず自分が変わるということに価値があるんですけど、じゃあ綺麗じゃないと不幸せかっていうとそうではないし、高単価で提供できるインストラクターを増やしたいと思ってやってるけど、じゃあ収入が低かったら不幸せかといったらそうではない」

「そういうことを言いたいわけじゃなくて、自分が提供してる価値に見合ったものが返ってこないとしんどいと思うんですね」

「自分が 綺麗になりたいと思って何かやってるのに綺麗にならなかったりとか、自分の人生にフィットネスがないと生きていけないし幸せじゃないっていうのは本当に砂を噛んだような人生になるなって思います」

「綺麗になるとか高単価で働けるっていうことはもちろん価値として置いてるけど、副産物的な感じで体が変わることで自分がリラックスできて、自分の身近な人との人間関係が良くて、長期的には幸せだなって思えるような生き方ができたらいいなって思いながらスクールを運営してます」

自分が変わったことで、子供との関係も変わりました

「子供に対しても、以前はきっちり朝起きて運動して朝ごはんをちゃんと作って、お掃除して子供を学校行かせて、帰ってきてこうしてこうして何時に寝るみたいな感じで、自分も体調とか健康のためにやってるし、それを子供にも強要してたんですよね」

「そんな小さな子がそんなきっちりできるわけないのにやってたから、やっぱりすごくきつかっただろうなって思います」

「その子の5、6年前の写真を見ても明らかに今の方がすごい目をキラキラして子供らしくなってるし、子供自身も「今の方がお母さん優しそう」とか「今の方がいい」って言ってくれるから、きっと自分がすごく頑張って我慢してしてたのが子供にも影響を与えてしまってたなって思うんです」

最後に、YOKO.Tさんに、持続的にうまくいく人がフォーカスしていることと、うまくいかない人がフォーカスしていることの違いについてお聞きしました。

持続的にうまくいく人とうまくいかない人の違いは?

「過去の自分だとも言えるんですけど、うまくいかない人っていうのは外に幸せを求めていて、うまくいく人っていうのは自分だったりとか身近な人の中で幸せを感じているのかなって思います」

YOKO.Tさんも以前は、これをやれば自分は幸せになれる、変われるといったように、自分の外側にフォーカスしている時期があったそうです。

でも、自分の内側の幸せにフォーカスしたことで、本当に本質的なメソッドにたどり着き、さらにそれを他の人と分かち合ったことで、家庭もビジネスも持続的にハッピーな状態を築くことに成功されました。

これは、これから事業を新たに立ち上げる方や再構築していく方には本当に大切なポイントだと思います。

今回はやればやるほど自分が苦しくなったり、人に言えないタブーを抱えている状態から、本当に自分も周りの人も持続的にハッピーに豊かになる『モーション美ボディマスターコース』を立ち上げたYOKO.Tさんにお話を伺いました。

今回のお話が皆さんの人生とビジネスも持続的にハッピーになるためのヒントになれば幸いです。





【モーション美ボディマスターコース】
https://motionbeautybody.com

【YOKO.T様 公式YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCG-W7uaR3eMsANgORvfy5LQ

【YOKO.T様 公式ブログ】
http://ameblo.jp/yogini-yoko/

【YOKO.T様 公式インスタグラム】
http://instagram.com/yoga_space_standpoint

無料体験セミナー申し込み