受講生の声

catch-img

【受講生の声:勝亦徹様】高額のBtoB講座で成約率50%キープとセールススタッフによる再現性が可能に


動画で見たい方はこちら


田中:今回は、仕組み経営株式会社 代表取締役の勝亦徹さんにお話を伺います。よろしくお願いします。

勝亦:よろしくお願いします。


勝亦徹さん 受講後の変化

✔️セールスの一連の流れへのフィードバックにより常に成約率50%以上を維持

✔️「ワンメッセージ」の軸を作ることで、ブレずに高額セールスすることが可能に

✔️THE ONE SALESの理論的なアドバイスで、たった1回で成約率急上昇

✔️押し売りではないセールスを学んだことで、自信に繋がった


ビジネス拡大のために経営全体を仕組み化する方法論と導入をサポート

田中:それでは勝亦さんの現在のお仕事内容を教えていただけますか。

勝亦:中小スモールビジネスの会社様に経営の仕組み化を導入する支援をさせていただいています。中小企業では、経営者自身が率先して一生懸命働く状況になっていることが多いです。

どんどんビジネスを拡大していきたいと思っている経営者に対して、ビジネスを仕組み化して自分依存ではない状態にしていきます。しかも、部分的な仕組み化ではなく、経営全体を仕組み化していく方法論と実際の導入のご支援をさせていただいています。 

田中:まさに仕組み経営のプロフェッショナルですね。現在、講座を複数運営されているとのことですが、具体的に教えていただけますか。

勝亦:中小スモールビジネスの会社様に向けて、仕組み化を導入するプログラムを提供しています。さらに、そのプログラムを提供できるコーチを養成するための講座もやっています。仕組み導入パッケージは、講座型というよりも、個別のコーチングで提供しています。 

仕組み経営を導入するプログラムは、社員数が5名から200名ぐらいの規模の企業様がメインですが、実際には、1人から数百名のクライアントまでいらっしゃいます。これから成長していきたい、どんどん拡大していきたいということを考えている企業様が多いですね。

この仕組み経営というのは、経営を仕組み化するための方法・施策を仕組み化したプログラムになります。経営というのは、基本的にどの業種様にも当てはまるので、業種業態はあまり関係なく、幅広い企業様がクライアントですね。

そのような企業様に教えるコーチ養成講座の対象となる方は、経営者の方が多いですね。マーケティングや営業コンサルなど、部分的なコンサルティングを行っているけれど、今後より広く経営を支援していきたいと感じられているコンサルタントの方や、士業の方もいらっしゃいます。

その他にも、自分で経営をしてきて、今は落ち着いてきたので、今後は後進の育成や指導という意味も含めて、仕組み経営のメソッドを使いながら、色々な企業をサポートしていきたいと思われている方々も、コーチ養成講座の中には多いですね。


成約率と再現性に課題があった

田中:現在、完全オンラインでセールスされていると思いますが、THE ONE SALESに入っていただいた当時の課題としては、どんなものがありましたか。

勝亦:課題としては2つありました。1つは、zoomを使ってお客様と個別相談をして、課題感をお伺いしながら、仕組み経営のプログラムをご提案し、その場でクロージングしてご契約をいただく形でしたが、その成約率が低かったことです。

当時、3〜5社ぐらいで1社クロージングするという、30%前後の成約率でした。そのため、成約率をもっと上げたいという課題がありました。

2つ目は、個別相談からクロージングする流れを、自分だけではなくて、養成しているコーチの方にも再現性を持って成果を出していただきたいという課題がありました。


細かいアドバイスで常に成約率50%超えを実現

田中:それらの課題に対して、THE ONE SALESの指導内容はいかがでしたか。

勝亦:そうですね。当時、個別相談のスライドやコーチを養成するためのトークスクリプトなど、全部作っていました。しかし、それを持ってしても、成約率は2,30%だったんですよ。

それらを、セールス講師にお見せしたところ、「この言葉は要りませんよ」、「ここはどういう意図で説明しているのですか」、「このスライドはこちらに移動させる方がいいですよ」など、セールスの流れひとつ一つにご指導いただきました。

そして、その指導によって劇的な結果が生み出されました。

田中:成約率など、どのような成果となりましたか。

勝亦:成約率は、50%を下回らなくなりました。最大瞬間風速では100%の時もあります。弊社のプログラムというのは、結構高額なプログラムなのですが、1ヶ月でみても75%、50%という成約率なので、確実にクロージング出来るという自信がつきましたね。

さらに、もうひとつの課題であった再現性も実現できるようになったので、コーチの方も、同じように再現性を持って受注が出来るようになりました。

田中:勝亦さんが抜けられても、セールスの現場が動いているのですね。


THE ONE SALESでブレなくセールスすることが可能に

田中:THE ONE SALESは、どんな方にオススメでしょうか。

勝亦:私の課題でもあったのですが、事前にトークスクリプトを作り込んでいるにもかかわらず、お客様ごとにトークがブレてしまっていました。ヒアリングをして解決策を提案していきますが、自分の過去の経験を元に組み立てて話しているのに、毎回成果が違っていました。

THE ONE SALESでの指導の中に、「ひとつのメッセージに集約する」というワンメッセージの考え方がありました。ひとつの軸を中心にセールスを展開をしていく、という型を教えていただいたことで、個別相談の度にブレることが無くなりました。

おまけに、軸が出来ることで、私以外の方もセールスが出来るようになったのです。ですから、個別相談をやる度にトークが異なったり、受注できる気がしないと思ったりしている方は、ぜひTHE ONE SALESを受けたほうがいいと思います。

確実に申し込んでいただけるように誘導する道筋が見えないという方が、たぶん多くいらっしゃると思います。そういう方は、THE ONE SALESを受けていただくことで、しっかりとした軸を作れると思います。


たった1回で効果を実感でき、コーチ育成もスムーズになった

田中:セールスに対する自信もついたのでしょうか。

勝亦:実は、セールスに対して大きな課題があったので、THE ONE SALESを受ける前に、別のコンサルティングを100万円ぐらいかけて半年間ほど受けていました。そこで学んだセールスを一生懸命やっていたのですが、そのやり方に違和感があったり、なかなか成果も出ませんでした。

そのタイミングで、THE ONE SALESの指導を受ける機会があり、教えていただいた通りに個別相談をやったら、すごく成約率が上がったんですよ。1回で劇的に変わったので、かなりの効果があることを身をもって感じ、元々受けていたコンサルティングは、止めることにしました。

田中:それは嬉しい話ですね。勝亦さんはすごく勉強熱心ですから、セールスにもいろんな投資をされていて、それが結果に繋がったのですね。

勝亦:勉強したことを集約して、トークスクリプトを作ってやっていたのですが、THE ONE SALESで見ていただいたら、「もっとこうしたほうがいいですよ」と指摘されました。それがすごく理論的で、納得出来るご指導だったんですね。

前に受けていたコンサルティングで教えていただいたセールス方法というのは、こっちがイヤだなと思いながらも押し売りするようなセールス方法でした。そのため、すごく違和感があったんですよ。「相手のため」とは思いながらも、なんかイヤだなと思っていました。

ところがTHE ONE SALESのセールス方法というのは、そうしたイヤさがありません。本当に自然な形でセールスが出来るので、私の中からセールスへの抵抗感が取り除かれました。そうした点により、大きな成果に繋がったのではと思います。

コーチに対しても、「大丈夫だよ」と励ますことができるようになりました。コーチに教える教材も、THE ONE SALESで教えていただいた方法に全部変えたら、成果も出るようになり、コーチからも「やりやすい」という声をもらっています。本当に感謝しております。


勝亦徹さんの今後のビジョン 

田中:最後に、今後こんなふうに仕事をしていきたい、というビジョンを教えていただけますか。

勝亦:私の中心的なテーマは、経営者さんが自分の一番得意なことに力を発揮して、それ以外は仕組み化や外注化で他の人の力を使いながら、会社を発展させるモデルを作ることです。これを今後も続けていきたいですね。

仕組み経営というのは、そのテーマを実現するための方法論に過ぎません。これを教えられる仲間やコーチを養成して、どんどん増やしていくことで、日本の中小スモールビジネスの発展や成長に寄与していきたいと思っています。

田中:ありがとうございます。今回は、仕組み経営株式会社の代表取締役 勝亦徹さんにお話しを伺いました。今日はありがとうございました。

勝亦:ありがとうございました。

あなたの知識・経験をオンライン上に再構築し、これから3ヶ月で月商100万円年商3,000万円を目指す! THE ONE 新・講座型ビジネス実践会 無料体験セミナー開催中 参加者特典!! オンライン高額講座作成 テンプレート・PDF
あなたの専門性を教育プログラム化し人生を変える学習体験を届けませんか?