catch-img

自分を最高値で売るロジック

 こんにちは。THE ONEの代表講師、小林正弥です。今回の記事では、「自分を最高値で売るロジック」について解説しています。今は会社員やフリーランスとして働いているけれど、より価値を発揮して収入を増やしたい方におすすめの内容です。

目次[非表示]

  1. 1.「自分を最高値で売る」とは?
    1. 1.1.安売りになる3つの原因
    2. 1.2.最高値で売る3つの働き方革命
      1. 1.2.1.働き方革命その1: 時間ではなく、提供する価値で報酬を決める
      2. 1.2.2.働き方革命その2: 複数の顧客を持つ
      3. 1.2.3.働き方革命その3: 移動を前提としない
    3. 1.3.自分を最高値で売るためにやるべきこと
    4. 1.4.自分を最高値で売ることに成功した事例
      1. 1.4.1.【事例1 エグゼクティブ英語コーチ】
      2. 1.4.2.【事例2 WEBマーケティング】
      3. 1.4.3.【事例3 営業教育プログラム】
    5. 1.5.自分を最高値で売るロジックを詳しく知りたい方へ

「自分を最高値で売る」とは?

 もしあなたが会社員やフリーランスとして働いているなら、知らず知らずのうちに自分を安売りしているかもしれません。なぜなら、一般的に会社員やフリーランスは、労働時間で報酬を得ているからです。

一方、自分を最高値で売る人たちは、時間ではなく提供する価値で報酬を得ています。

つまり、あなたがより多くの報酬を受け取りたいと思ったとき、あなたは働く時間ではなく、提供する価値に対して報酬を受け取らなければなりません。そのためには、労働時間と切り離して、価値を生む仕組みを作る必要があります。

企業の価値、個人の価値を最大限に高めて、最高値で売るビジネスモデルを構築することで、提供する価値に対して報酬を受け取ることが可能になります。

自分という商品をパッケージ化し、複数の会社(顧客)に自分を高値で買ってもらえれば、報酬はどんどん伸びていくのです。

安売りになる3つの原因

自分を安売りする働き方になってしまうのには、3つの原因があります。

  • 時給、月給で働いている
  • 1社専属で働いている
  • 移動(出社、出張)を前提で働いている


最高値で売る3つの働き方革命

自分を最高値で売るためには、現状の安売りの働き方を変える「働き方革命」が必要です。

働き方革命その1: 時間ではなく、提供する価値で報酬を決める

あなたが生み出す価値ではなく、働いた時間に対して報酬を貰っている限り、収入を増やすことはできません。「働く時間」と「提供する価値を生む仕組み」を切り離すことがポイントです。

働き方革命その2: 複数の顧客を持つ

顧客が1社だけの場合、安く買い叩かれてしまうので、対等な関係を築くことは難しいです。一方、複数の顧客を持てば、いくつもの収入源を得ることができ、顧客の過剰な要求を飲む必要もなくなります

働き方革命その3: 移動を前提としない

移動時間は価値を生んでいないため、生産性が下がります。自分が出向くのではなく、オンラインを使うか、顧客に来てもらうことで、あなたの貴重な時間を守ることができます。

自分を最高値で売るためにやるべきこと

自分を最高値で売る働き方の前提は、1人で無限に生産性を高めることができ、働く場所の自由があることです。そして、自分を高額商品にして、複数の会社と契約するコツ は「教育化」です。

「教育型ビジネス」では、本業で自分にしかできない結果を出し、そこで培った職業的な知識や経験を体系化し、学びたい人に教えることで第二の収益を得ます。「教育型ビジネス」を取り入れれば、あなたという商品価値を最大化できるのです。


 引用元:「自分を最高値で売る方法」

自分を最高値で売る人たちが販売しているもの、それは顧客の成功(カスタマーサクセス)です。人から与えられる仕事だけをやっていては、自分を最高値で売ることはできません。

自分を「商品」と見立てて、カスタマーサクセス(顧客の成功)を捉えた新しい価値を世の中に生み出すことができれば、今までより高値で自分を売り、より大きな報酬を得ることができるのです。

 引用元:「自分を最高値で売る方法」

「教育型ビジネス」では、顧客に何かを教えたり、何かを気づかせるという要素を取り入れることで、付加価値を高め、集客アップや売上アップを実現します。

そして、THE ONEが提案する「教育」とは、従来の学校教育ではなく、顧客の最上の欲求である、「自己実現を叶えるもの」です。

自分を最高値で売ることに成功した事例

 「教育型ビジネス」を取り入れたことで、安売りしていた自分の価値を高め、最高値で売れるようになった方々の成功事例をご紹介します。

【事例1 エグゼクティブ英語コーチ】

時給2000円のアルバイトで英語を教えていたが、英語プログラムを体系化したことで、時給換算4万円のエグゼクティブコーチとして活躍。

【事例2 WEBマーケティング】

無料で請け負っていたマーケティング相談を、WEBマーケティングプログラムとして体系化し、360万円の高額コンサルティングプログラムとして提供。

【事例3 営業教育プログラム】

自身の営業力を体系化し、独自の営業教育プログラムを開発したところ、プログラム完成前にも関わらず3カ月で5社から数百万の契約を受注。

自分を最高値で売るロジックを詳しく知りたい方へ

この記事でご紹介した、自分を最高値で売るロジックをより詳しく解説しているのが、「自分を最高値で売る方法」です。本書は、

  • 自分を高額商品にして最高値で売る方法
  • 「教育型ビジネス」構築のメソッド
  • 「教育型ビジネス」で長期的に高収益が実現できる仕組み

の3点から、あなたの価値を最大化し、最高値で長期的に売るメソッドを解説しています。

あなたという商品を最高値で売り、ゼロから3ヶ月で月100万円の収入を得る方法を知ることができます。ぜひご覧ください。

◆「自分を最高値で売る方法」購入はこちら

小林 正弥
小林 正弥
ビジネス教育者、作家 THE ONE株式会社 代表取締役 代表講師
小林正弥
ビジネス教育者、作家
THE ONE株式会社 代表取締役 代表講師
「人生を変える学習体験を作り出す教育ビジネスの創出」をミッションに事業を展開。主宰する「THE ONE 新・講座型ビジネス実践会®」は、400名以上の経営者が集まるコミュニティとなっている。著書に「自分を最高値で売る方法」「億を稼ぐ勉強法」「最速で10倍の結果を出す他力思考」など。
SNSアカウント
あなたの知識・経験をオンライン上に再構築し、これから3ヶ月で月商100万円年商3,000万円を目指す! THE ONE 新・講座型ビジネス実践会 無料体験セミナー開催中 参加者特典!! オンライン高額講座作成 テンプレート・PDF
あなたの専門性を教育プログラム化し人生を変える学習体験を届けませんか?